2つの35000円で買えるchromebook

昨日の13日と今日14日はAmazonプライムデイ。そこで2つの安めのChromeBookがあった。

手を出してしまう。

どちらも35000円ほどで買えるのは14日の24時まで

HPとAsusの2機種、どちらも14インチでタッチパネル、HPの方が外見はかっこいいかな。
CPUについては、HPがPentium silver n5000   asusがcore M3-8100Y
定価で比べるとAsusの方が高くて高性能ってことになるんだろうが、
PentiumN5000は4コアで、CoreM3が2コア(HT)、ベンチマークなどを見ると、用途によってはPentiumの方が速いケースもある模様、シングルコアでの比較ならCoreM3の方がしっかり速いようだ。Chromebookで使うにはどうなんだろう。実際にChromebookを使ったことがないので想像ができない。性能はともかく作りはHPの方が良さそうでトラブルも少ないイメージ。
ということでどっちを買えばいいのかさっぱりわからん。
Asusの方はC425TAという型番だが日本以外のモデルの廉価版(モニタが360℃回転とか筐体のギミックがない、メモリ容量が半分)ということで安いなりの理由がある。

結局悩む材料すら少ないので、CPUが後発のAsusの方をポチりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です