LAN内DNS unbound復活

フルHDの解像度をもつChromebookを使い始めると、同じ14インチでFWXGAなWindowsノートでブラウザを起動する気が失せてしまった。一度に見れる情報量の差が大きすぎる。

chromebookでローカルのUbuntuserverのWordpressをいじろうとすると、IPアドレスを入れるとWebページの表示が正常動作しない。Wordpressで設定してあるserver名と同じでないとダメなんだろう。

昔はPCも多かったけど、今はほぼWindowsのデスクトップ1台とノート1台だけで、必要な時だけUbuntuServerを起動させている状況のなので、名前解決もWindowsでHostsの編集だけで済ましていた。ここでChromebookが増えたので、どうしようかと。
ChromebookでHostsは編集できるものの、面倒だし、触ったことを忘れてしまうとまずいような気がする。

ということで、前WindowsHomeServerを使っていた時に使っていたUnboundを使ってLAN内DNSを復活させることに。たった1台のサーバの名前解決だけのために(w。
まあ5分ほどでUbuntuServerにインストール、設定が終わる。

とりあえず正常に引けているようなので成功。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です