zenphotoをインストールする Ubuntu20.04LTS

画像共有というか、デカいサイズで閲覧したい。

これまではsambaで共有したフォルダをWindowsのエクスプローラーで見てても何が何だかわかっていたのだが、歳なのかわけがわからなくなってきた。

ということで画像共有のCMSとしては15年選手のZenphotoをインストールしてみる。

https://www.zenphoto.org/ 公式サイトから最新版Ver1.5.7をダウンロード

インストーラーは日本語化対応してあるので
ubuntuなら package「locales-all」を予めインストールしておけば最初から日本語で表示される。
と言っても一部のパーミッションがどうすれば良いのか、訳がおかしいのでわからない。
面倒なので、ダウンロードして展開したフォルダ丸ごとの所有者をwww-data:www-data にしてやったら特に問題はなかった。

本体の方の日本語化は管理画面のオプションにある。

こういうのをインストールすると、つい細かいINDEXで付けたくなってしまい、面倒になって使わなくなるので、アルバム名だけで、個々の画像のINDEXは無視して、一気にアップロード。
Windowsからだとエクスプローラーで複数のファイルを選択して追加するだけなので捗る。とりあえず、稼働中のWindowsやらAndroid端末に分散していた画像を全部まとめた。これならDVDとかにバックアップしていた過去の画像も入れるのも苦にならないだろう。

管理画面は非常に細かいコントロールが可能なのでうっとうしい部分もあるが、最初からスルーするつもりなので閲覧画面はシンプルなので特に問題ない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です