ASUS C425TA(日本版) キーボード アンダーバーとか

ChromebookのLinuxベータでターミナルをいじってみると、アンダーバーとか入力できない。
ぐぐると入力自体は出来たが非常に面倒。

ASUSはよかれと思って、言語と入力をしっかり日本語のみに設定していてくれていて、いわゆるUSキーボードとかが選択できないようになっていた。
言語に英語(アメリカ合衆国)を追加すると選択可能になるので

入力方法を以下の2つにした。
・日本語入力(USキーボード用)
・英語(米国)のキーボード

上記に設定した上で、「Ctrl+Space」 で入力切替をする。

すると、キーボードの刻印通りに記号の入力が可能になった。

Windowsや、Ubuntu(desktop)だと、キーボードだけを101キーボードとかにすれば、happy hackingキーボードで困ることがないから試してみるのに時間がかかった。

–追記 2020-11-09
本体が英数字入力の時だけSecureShellを使っていたのでしばらく気付かなかったが
SecureShellを本体が・かな・入力の状態で起動させると、かな入力しかできなくなる。Ctrl+Spaceでも変更できない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

ASUS Chromebook C425TA 日本版

次の記事

LAN内DNS unbound復活