Ubuntu-server-8.04.4-amd64 Intel D510MO

D510MOに今度はUbuntuをと9.10をインストール仕掛けたが、常駐させるには9.10がRastをmakeできないので、8.04LTSを

9.10-desktopだと、BIOSのアップデートが必須みたいで、8.04-serverならいいかとも思ったが
Intel ダウンロードセンター D510MO
からダウンロードし、USBメモリにコピー、BIOS起動画面から「F7」BIOSUPDATE

USBメモリからブート、8.04.4-server-amd64をインストール

8.04と古いと今度は、内蔵のNIC(r8168)のドライバを持っていない。
しかも既存のr8169と取り違えるという人間のようなミスを犯す。というのを以下のリンクで知る。
不定期日記:Intel ATOM MB の NIC を Linux で使うときのメモ

ネットワークにつながっとらんわけで
インストールに使ったUSBメモリを手っ取り早く、/var/www/ubuntu-cd にマウント、source.listに追加
こんな感じ。

deb http://localhost/ubuntu-cd/ hardy main restricted

#インストール時にLAMPを選択してるので既にapacheは動いている。
linux-headers-2.6.24-16-serverを、マウントしたUSBメモリからインストール
とりあえず、同様にmake と gcc をインストールしてドライバをmake
あとは不定期日記さんと同様に、r8169.koを退避させる。

で、ダメ押しにと、r8169なNICをPCIに差し、起動。
すると、PCIに差したr8169は無視され、オンボードのr8168だけが認識された。
さらに、apt-get upgradeを敢行。さらに再起動でもNICは無事
まあOKでしょう。

unixbench中 後で貼付け。
[shell gutter=”false”]
INDEX VALUES
TEST BASELINE RESULT INDEX
Dhrystone 2 using register variables 116700.0 3234117.7 277.1
Double-Precision Whetstone 55.0 637.9 116.0
Execl Throughput 43.0 0.0 0.0
File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks 3960.0 177368.0 447.9
File Copy 256 bufsize 500 maxblocks 1655.0 50058.0 302.5
File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks 5800.0 453159.0 781.3
Pipe Throughput 12440.0 480003.4 385.9
Pipe-based Context Switching 4000.0 62076.3 155.2
Process Creation 126.0 5422.1 430.3
Shell Scripts (8 concurrent) 6.0 514.0 856.7
System Call Overhead 15000.0 962099.0 641.4
=========
FINAL SCORE 0.0
[/shell]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

結石再発

次の記事

崖の上のポニョ