Intel D510MO 3つのOSを入れてみて

新型ATOMの載った Intel D510MO で
WindowsXP-SP3
FreeBSD-8.0-RELEASE-amd64
Ubuntu-server-8.04.4-amd64
と3つのOSをインストールしてみた。

FreeBSDとUbuntuでは
Webアプリ系は何をやっても、FreeBSDの方が若干パフォーマンスが悪い

WindowsXPでWebやらないで、録画サーバにするのが一番しっくりくる感じかな

省電力なPC-UNIX鯖として、Ubuntu-8.04LTSで使って
電源を新しくできたらWindowsHomeServerにするかどうか考えよう。

Intel D510MO 3つのOSを入れてみて” に対して3件のコメントがあります。

  1. keisuken より:

    FreeBSD、確かに遅いけど、安定性は結構いいね。新しいハードも結構動いているみたい。
    ウチのマシン、パッケージで入れた一部のOSS以外は何も手を加えてなくて、去年から3ヶ月ちょっと動かしてるけど特に問題はない。
    あとWindows系はサーバにもよるけど、Webサーバとしてはあまりお薦めできる速さでもないし、マルチメディア系が無難に思える。DLNAとか録画とか…。
    あと、省電力サーバでAtomを考えてたけど、どうもいまいちみたい。ルータとかはOkみたいだけど。
    省電力はPentium系(Core 2アーキテクチャね)でも結構低めなんで、値段も含めてどうでもよくなってきた。まぁAtomが極端に低くていいのだけど、あまり融通が利かないみたいなんで避けることにした。

  2. jareth より:

    まあ、D510MOは自分で買ったわけじゃないし。でもAtomでFreeBSDってのはなしだと思う。FreeBSDは、GCCをLLVM Clangに置き換えるとか、AHCI to CAMとかがいい方に転んでくれればいいなあと思う。

  3. keisuken より:

    さくらがやってなかったっけ? < Atom
    もちろんAtomは考えてないよ。Linuxでもトラブルあるみたいだし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

崖の上のポニョ

次の記事

Varnish