FreeBSD8.0R Intel D510MO

WindowsXPが普通に動いてくれたので、初期不良チェックは終わったものとし、HDDを残し、もとに戻せるようにしておいて
FreeBSDをインストールする儀式をとりおこなう。

Ubuntu9.10では、BIOSのアップグレードが必要らしいが、とりあえずアップグレードしないで

インストールメディアはUSBメモリで、FreeBSD-8.0RELEASE-amd64-memstick.imgをDDforWindowsで焼いて使う。Xorgはインストールしない。

インストールは普通に終わって、freebsd-updateも成功、リブートしても特に問題なし。まあ、問題が起きるのはいつもこのあとだけども(笑。

Copyright (c) 1992-2009 The FreeBSD Project.
Copyright (c) 1979, 1980, 1983, 1986, 1988, 1989, 1991, 1992, 1993, 1994
        The Regents of the University of California. All rights reserved.
FreeBSD is a registered trademark of The FreeBSD Foundation.
FreeBSD 8.0-RELEASE #0: Sat Nov 21 15:02:08 UTC 2009
    root@mason.cse.buffalo.edu:/usr/obj/usr/src/sys/GENERIC
Timecounter "i8254" frequency 1193182 Hz quality 0
CPU: Intel(R) Atom(TM) CPU D510   @ 1.66GHz (1676.69-MHz K8-class CPU)
  Origin = "GenuineIntel"  Id = 0x106ca  Stepping = 10
Features=0xbfebfbff
  Features2=0x40e31d<sse3,DTES64,MON,DS_CPL,TM2,SSSE3,CX16,xTPR,PDCM,>
  AMD Features=0x20100800
  AMD Features2=0x1
  TSC: P-state invariant
real memory  = 2147483648 (2048 MB)
avail memory = 2035593216 (1941 MB)
ACPI APIC Table: 
FreeBSD/SMP: Multiprocessor System Detected: 4 CPUs
FreeBSD/SMP: 1 package(s) x 2 core(s) x 2 HTT threads
 cpu0 (BSP): APIC ID:  0
 cpu1 (AP/HT): APIC ID:  1
 cpu2 (AP): APIC ID:  2
 cpu3 (AP/HT): APIC ID:  3

こんな風に、FreeBSDにて、CPUが4つあるのを初めて見る。

でも、SATA300のHDDが、SATA150になってるな
#SeagateのデフォはSATA150で、ジャンパピンを外すと、SATA300になるやつのジャンパピンを外していた。

とりあえず、makeのスピードを見るのに、portupgradeをmakeしてみる。
そうか、そんなに速くないな。(古くてもcore2やAthlonX2と比べちゃいかんか)
良いのは省電力なだけか。でも電源古い(Macronの400W)から効率云々で相殺されてたりして。減るのは減るとは思うが。

つづくかもしれない。

                     INDEX VALUES
TEST                                        BASELINE     RESULT      INDEX
Dhrystone 2 using register variables        116700.0  3924061.7      336.3
Double-Precision Whetstone                      55.0      781.7      142.1
Execl Throughput                                43.0      801.1      186.3
File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks         3960.0    92657.0      234.0
File Copy 256 bufsize 500 maxblocks           1655.0    27285.0      164.9
File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks         5800.0    67580.0      116.5
Pipe Throughput                              12440.0   483109.2      388.4
Pipe-based Context Switching                  4000.0    54004.6      135.0
Process Creation                               126.0     2470.1      196.0
Shell Scripts (8 concurrent)                     6.0      503.0      838.3
System Call Overhead                         15000.0   353953.3      236.0
                                                                 =========
     FINAL SCORE                                                     226.7

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です