WindowsでMTOS

WindowsVista HomePremium SP2 でMTOSを入れたのでメモ

XAMPP1.7.2

ActivePerlでImageMagickを使うには、バージョンに注意という情報が山ほどある
ImageMagickの最新にあわせるとActivePerlは以下のもの
#MTOSのサイトには、Windows環境で5.10.0以降のPerlはサポート外とか書いてあるけど気にしない。

ActivePerl-5.10.1.1006-MSWin32-x86-291086.msi
ImageMagick-6.5.7-7-Q16-windows-dll.exe

上記をインストール後MTOS-4.261-jaをXAMPPへ
ブラウザからmt-check.cgiを呼ぶと
NGだったモジュールは以下のとおり

  • DBD::mysql
  • DBD::Pg
  • DBD::SQLite2
  • Crypt::DSA
  • IPC::Run
  • Mail::Sendmail

ということで、Image::MagickはOK。
このままでは、データベースとしてMySQLや、SQLite2が使えず、SQLiteのみになるが
追加するのはPPMは止めたほうが吉らしいし、今回はダイナミックパブリッシング等はやらないので、SQLiteでMTOSをインストール。普通に成功。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です