ドラクエX 1829日目まで

Ver4.3リリースから約1週間。

新規ストーリーも追加クエストも終了し、アップデート前の状態にほぼ戻る。
ストーリーは可もなく不可もなく特に驚きもなかったがボスが少し強かった。

新職業 遊び人:
遊び人は特訓がないため、特訓で得られるスキルポイントはLv上げの方で補填するとのことだったが特訓19Pのうち補填されたのは8Pに留まった。遊び人のスキルP追加で1職分のスキルPを確保するつもりだったが自分の振り方では1P足りない状態となった。これっていつも意図的にやってるちょっと足りない調整なのか?とも思ったが偶然だろうな。
まあパルプンテが面白いので、エトワールセットとガテリアの短剣、光の宝珠で必殺チャージ4.6%にしてLv上げで遊んでいる。
試練の門や強ボスあたりで1戦あたり3回のパルプンテが出る場合もあった。はずれ効果の方が少ないから使い物になるかもしれない。でも自分ではボス戦には使わないかな。

新防具:
大戦鬼が安物で揃えて錬金も使いづらいものだったので思い切って結晶化する。新防具のシュバリエセットに更新。ゼルメアで頭をゲットし、残りをバザーで揃え混乱・マヒ・封印・呪い・踊り・転び100、会心+4.2%にする。600万ほどかかる。
あとは機工博士セットを盗賊用に安物で揃える。
残りの3セットははゼルメアで2部位ぐらい当たりを引いたら揃えることにするかな。

達人のオーブ:
光と闇の宝珠は2玉で揃えていたため、全部1玉に変えた。
炎・水・風については3玉構成だったのでそのまま3玉構成で行くとして、いわゆる戦車型の石版に変更し、必ずつける横3を2つに、縦3を6つで全部で8種の状態にした。
(ここまでのただの作業が一番時間がかかっている。)
データベース系攻略サイトなどをみると、遊び人用の新宝珠を含めて378種あるようだ。
宝珠として保持できるのは370個までなので全部を所持することはできない。
達人のオーブがVer4.3以降であれば一度鑑定したものを捨ててしまっても作成できるようになったので、全宝珠を作成可能な状態にすることができるようになった。
Ver4.3開始時で349種所持しており残り29種
モンスターは3種の宝珠を落とすが、欲しい属性の宝珠が1個しかない場合は目当ての宝珠だとすぐわかるので宝珠集め自体は短時間で対応できる。遊び人のLv上げをしながらやると376種にまでなった。
残った宝珠は2つ。
鉄壁の笑いガード(炎)と、フォースブレイクの極意(光)
遊び人の宝珠は全部フィールドのモンスターが落とすから楽だ。
宝珠集めだけはコンプ癖が発動したようだ。

金のロザリオ:
プチゴースネルが実装されたので、こうげき+5の理論値を作ってみることにした。
プチゴースネル召喚符を4つ作ってサポで突撃、なんと現物が2つもでて、所持していたかけらを含めて3つ分
ラッキー合成も入り、現物3つで理論値になってしまう。
用意していた致死5%埋めの銀ロザを伝承して完成。迷宮でのバトルも含めて30分もかかっていない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

TWAINアプリを使ってみる。