htc EVO3D(ISW12HT) Android4.0.3アップデート

今回はいつものように1、2カ月待ってからではなく、公開当日の昨日のうちにアップデートしてしまったが、今のところ後悔するようなことにはなっていない。

・再起動とか、画面ロック解除の動きが速い

・Android2.3時のHTCsenseでホーム画面が無駄にくるくる回るのが嫌だったので、それがなくなったのはいい。
くるくる回らなきゃ嫌だという人が結構いるのだから、人の趣味はわからない。
くるくる回る速さ=スペックの高さというわけでもなかろうに。

・ON/OFF系の設定ウィジェットのアイコンの大きさがちょっと大きいのでミスタッチが増えそうな気がする。

まあホームはHTCsenseで行こうかと

・気のせいかもしれないが、WiFiON時のバッテリーの減りが以前より早いように思う。
 WiFi接続時のバッテリー使用について改善されたと聞くが、同時期のIS03、IS05のアップデートの話と混ざってるのかな。
 2、3日使ってるみると気のせいだとわかる。まあケータイのバッテリーってのはそういうものですね。アップデート前と同等もしくはちょっと長持ち程度になってるようだ。

・アプリの凍結は、アプリの設定画面で「無効」を選ぶことでできるみたい
 まずは使わないのに良く勝手に起動している&GooglePlayで更新を要求される「いつもNAVI」を。
 あとは、GREE関連、au Market、au Wi-Fi接続ツール、Facebook関連、FriendStream関連、Google+、Watch、Twitter、ナビウォーク、ニュースEXなどを無効に。一晩経過したがとくに問題は発生していない。

・Chrome
 4.0以上が対象の「Chrome」アプリが使えるわけで入れてみると、標準ブラウザに比べるとフォントサイズの調整が上手い感じで読みやすくはなった。
 まあ元々4インチ程度の画面なので、3、4画面進んで止める程度の調べ物しかしないのでChromeの方がいいかな。どうもOpera系は慣れないし。

アップデート前にroot化などもしていないわけで、もう純正の2.3に戻る手段がないのだけど、先代EVOもあるし問題ないか
EVO3Dは6300円も払ってしまったがEVOはちゃんと本体0円でゲットしておいてよかった。


家族用に簡単ケータイが1個欲しいのだが機種変だと高いのう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です