Ubuntu-server-10.10(amd64) roundcubemail0.5

Ubuntu10.10でRastがメイクでき、正常に動作してるかのように見えたけども、今日になって、Ximapdがエラーを出して、Roundcubeでもメールが見れなくなる。Rastが使ってるBerkeleyDBが怪しい。

結局、/usr/localに、apr apr-util BerkeleyDB(バージョンをパッケージの4.8からソースの4.3.29に落とす)を野良ビルドして、rastを再ビルド。メールデータをインポート。
無事復旧。(ximapd+Rast)

Ubuntu10.10(maverick)から、libopenssl-ruby1.8が、libruby1.8に統合されちゃったのも関係あるのかな。

ついでに、RoundcubeもVer0.5にアップグレードしてみた。0.4-betaよりも結構軽くなって、一番反応が速い0.1に近づいたかもしれない。
ximapdやめて、Dovecotにしようしようと、ずっと思ってるんだけど、Rastの検索が気持ち良いのと、Dovecotへのデータ移行の方法がよくわかないので、結局Rast+Ximapdのままだ。

FreeBSD9.0Rが出れば、9-currentが良さそうなので、またFreeBSDに戻るんだけどね。
UbuntuとFreeBSDを交互に入れ替えて使う状態はまだつづきそうだ(^^;;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

Ubuntu 10.10 rast ximapd

次の記事

ownCloud