au povoにした。

結局4月1日にPovoに移行。通話かけ放題をトッピング。月4,381円(税込)

料金については、下がるどころか4051円から4381円と、月330円アップ。
330円アップの中身が、
・1GBから20GBまでデータ通信量がアップ
・5分以内通話無料から、無制限の通話無料
なので、良かったんだと思い込むようにしている。

今のところ、家族間通話と、SMSについては全額が割引が入ったような明細になっている。
通話料が仮に2000円だったとすると、通話かけ放題で1000円割引、家族割で1000円割引という明細になっている

いや、家族間通話でも無料通話の対象なんだから、通話かけ放題でまるまる2000円割引で良いはずだ。

無いとは思うのだが、今後、家族割が完全に無効になった場合に、SMSの料金は置いといて、家族間通話だけが通話かけ放題の対象から外れて別途料金になるのかという疑念がw。

若干悪意をもって言うと上のようになるが、好意を持って言うと
家族割が生きており、通話割引が発生する。しかし、通話かけ放題でも割引の料金明細にすると、2重に安くなることになる。
ということで、家族割分の割引を確定させ、その後、通話かけ放題の割引と整合性をとるようにしているとすると
上のような明細があってもおかしくない。

他にはスマホだけでは月に2GBほどしか使わないので、テザリングでChromebookの通信に使うようになった。Chromebookは便利だ。

Povoにする前だと、家のCATVの光よりも、au 4Gの方が速かったのに、Povoにするとほとんど変わらない数値になった。
CATVは光といっても遅い方に入るから、なんだかなあという感じ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です