BSDinstall

以前9.0-CURRENTのISOイメージをとってきて、BSDinstallらしきもので、インストールしてみたことがあったが、これはまだまだ未完成だと思っていた。
で9.0-RELEASE-BETA1のISOイメージから新規インストールしてみたら、前のでほとんど出来ていた感じだったのね。
AUTOにすると、パーティションはルートとSWAPの2つのみでGPTになっちゃう模様。手動でやる元気が無かったのでそうした。

FreeBSD4.5Rぐらいの素人にもわかるパフォーマンスの向上があるのかなと思ったけど、それは期待し過ぎだった。3世代ぐらい前のうちのマシンどもではなにも変わらないどころかパフォーマンスは下がるような気がする。

PC-BSD7ぐらいの頃のGUIで綺麗なPC-BSDのインストーラーの方が、UbuntuしかインストールしたことがないようなLinuxユーザでも迷いなくZFSとかにも出来るのにな。
もとのsysinstallの方が実はやさしくて、コマンドラインで全てやるような手順とその意味を知ってる人が使うには便利になったというべきなのかも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です