画像編集を快適にする?

画像編集というと、A4サイズの原稿を、600dpiでスキャンしたBMP形式の画像を、結合したり、加工してjpegやpng形式で保存するという作業を時々やる。
これまで、この部分はマシンが新しくなっても若干パフォーマンスが良くなる程度で、読み込み、保存にえらい時間がかかるし、Windowsごとフリーズすることもある。あらたに編集ソフト買ってもそんなに変わらないよなあと思いつつ、5、6年経過。

ここは、新しいソフトを買った方が幸せかなと思ったが、あまり良いのがない。手頃な金額のものでは以下の2つぐらい。


PaintShopProXは現在使っているので、その後継。
64bitWindowsPCでも動作するけど、32bitで動作、いちおうマルチコア対応っぽい(公式サイトでもはっきりは書いてない)


これをパッケージ版で購入すると、Windows/Mac両方のメディアがついてお買い得らしい。デスクトップ1台、ノート1台の計2台のPCにインストールしても良いことにはなってるので、Windowsのデスクトップ&MacBookという組み合わせもありのよう。

いやいや、M/BオンボードのRadeonHD3300では、ちょっと力不足だよという話もある。
ということで、ソフトは買わずに、一般ユーザでも使ってる人も多い、Quadroの廉価版?を使うというのもありなのかな。

いやいや、それなら、作業中の仮保存の部分をSSDにすればという話。
要は加工が全部終わって、HDDに保存しようかって時に時間がかかるのはそんなに問題がなくて、作業中の確認を待たされるのが嫌なだけだからソフトやグラフィックボードよりも、SSDの方がうれしいような気もする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

WordPress テーマ WSC