Windows Home Server で Unbound

IS01で、LAN内のWebサーバにブラウザからアクセスするのに名前解決されてないのでUnboundを復活させようかなと。

どうせなら常時稼動のWHSでしたいとか思ったら、しっかりWindows版があった。
リモートでインストールし、unbound.confのバックアップをコピーし、forward-zone設定で現在のISPのDNSサーバを指定
スタートアップに、unbound.exeのショートカットを追加し、再起動。

WinVistaのメインマシンのhostsからLAN内PCを削除、DNSをWHSへ向けると

あれま、ちゃんと動いてる。

Ubuntu10.10-server-amd64マシンでも問題なし

じゃあと無線ルータのDNSもWHSへ向けて、IS01からLAN内のWebサーバにアクセスするとOK。

気持ち悪いくらい上手くいった。

Windows serverのDNSを使うよりはいいのかもしれないな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

Ubuntu 10.04 へダウングレード

次の記事

7年選手PentiumMノート 末期