WHS ファイル転送速度

【平澤寿康の周辺機器レビュー】 日本HP「MediaSmart Server EX490」 ~iPhone対応ストリーミング機能搭載のコンパクトWHS

にファイル転送速度が載っていたので、うちのWHS機と比較してみた。
写真ファイルの方は準備が大変なので、動画ファイルを、MPEG2動画をほぼ1.89GBにカット編集したものを使った

・クライアントPCの環境
CPU AthlonX2 7850E 2.8GHz
マザーボード Foxconn A7DA-S(AMD 790GX)
メモリ PC2-6400 DDR2 SDRAM 2GB×2
グラフィックカード チップセット内臓(RadeonHD3300)
HDD Western Digital WD10EARS
OS Windows Vista Home Premium (32bit)
・HP ProLiant ML115(G1)を利用したWHSマシンの環境
CPU AthlonX2 4000+  (CPU換装)
マザーボード HP ProLiant ML115(G1)
メモリ PC2-5300 DDR2 SDRAM 500MB×2
グラフィックカード チップセット内蔵
HDD HGST HDP725050GLA360x2

○ファイル転送速度

・HDD1台

クライアント→WHS
MediaSmart Server EX490 Atom N270搭載自作WHSマシン ProLiant ML115(G1)改
写真 43.7秒 57.2秒
動画 29.1秒 36.0秒 32.5秒
WHS→クライアント
MediaSmart Server EX490 Atom N270搭載自作WHSマシン ProLiant ML115(G1)改
写真 42.2秒 46.6秒
動画 27.6秒 27.1秒 36.9秒

クライアントPCの差が出たのかとは思う。今からみると結構古い世代のPCな上に、Vistaだしなあ。
うちのWHSは消費電力が若干高めなので、トータルでみると、うちの場合、AtomD510マシンと入れ替えた方がいいのかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

FreeBSD8.1R インストール

次の記事

A3対応インクジェット複合機