FreeBSD 8.0R ZFS 予行演習

pure ZFS でHDD1個だと、以下の2つが参考になるみたい
FreeBSD 8.0RC2 amd64 pure ZFS install – PukiWiki
RootOnZFS/GPTZFSBoot – FreeBSD Wiki

手順を見てるだけでは、よくわからないので、VirtualBox3.1で1つ目の方法をやってみようとする。
いままで、VirtualBoxでは、IDEの仮想ディスクを使っていたけど
SATAの仮想ディスクにしてみる。これは3.1からの機能なのかな。VirtualBoxいいわ。

USBメモリ用のイメージをダウンロードするのはしんどいので
既にダウンロードしている、8.0-RELEASE-amd64-disc1.iso と 8.0-RELEASE-amd64-livefs.isoでやろうかと思ったが
どうやらUSB用のやつには、liveCD とInstallCDの両方のファイルが含まれているとしか思えない手順(上のPukiwikiのリンク)だったのでどうしたものか。。実際そうなのかはしらんが。

でも答えは簡単だった。仮想CDドライブを2つ作って、InstallCDで起動、LiveCDでFIXITモードへ行き、InstallCDをFIXITモードからマウントすればいけるはず。

ということで、普通に成功しますた。

実機でやる時も、CD/DVDドライブを2つつけてやるか(笑。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

大人げないかな