P-01Dで普通にWiFiテザリングもできた。

見に来る人が多いので:以下の記事を読むより、「P-01D panasonic まとめ」とでもぐぐってもらえれば良いかと思います(^^。

結局、自分では何の苦労もなく、root化とは無関係に、IIJmioミニマムスタートプランのSIMを挿した状態で、普通にAndroid本来のテザリングができるようになってしまった。
まあバッテリーを少し長持ちさせるにはroot化が不可欠だけど。

2chはたまに見る程度だったのだが、Androidアプリで読めるようになって可読性が増したので、今回のP-01Dの場合は、結構な情報をROMさせてもらい助かっとります。

これで非rootなEVO3DでもIS01でも128kbpsで接続できるので希望どおりに。

IS01のRmapsアプリには車での移動範囲の地図は大体仕込んであるので、ただの電子地図としてほぼ完璧になった。

P-01Dをもう1台確保しとこうかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

SimpleTweetテスト

次の記事

P-01Dバッテリーメモ