アルミ筐体の新Macbook

本田雅一の「週刊モバイル通信」:所有欲、使用感を重視した新MacBook

新チップセットに新筐体、大丈夫なんかいな(笑。さすがに燃えないとは思うが(^^;;;
と思う人のためかどうかしらんが、旧型梅を値下げして販売を続けてくれるようだ。

新型の安い方と旧型竹をくらべると

新MacBookアルミ筐体 旧MacBook2.4GHzホワイト
価格 148,800円 154,800円
CPU Core 2 Duo(2.0GHz) Core 2 Duo(2.4GHz)
メモリ 2GB
内蔵ディスプレイ 13.3型ワイド
グラフィックス機能 NVIDIA GeForce 9400M Intel GMA X3100
HDD 160GB
光学ドライブ DVDスーパードライブ
LAN機能 IEEE802.11n準拠無線LAN、ギガビットイーサ有線LAN
インタフェース USB 2.0×2、Mini DisplayPort×1 USB2.0×2、FireWire 400×1
サイズ 24.1(H)×325(W)×227(D)mm 27.5(H)×325(W)×227(D)mm
重量 2.04kg 2.27kg

ゲームや動画をばしばしやるという以外では、CPUのクロックが0.4GHz下がった分、グラフィックが強化されてチャラな気がする。メモリはDDR3だし、チャラは言いすぎか(^^; 6000円下がって、アルミ筐体になってるしぃ。

追記:
西川和久の不定期コラム」を見ると、Vista(BootCamp)でのメモリ表示が1768MBになっていた。確かにAppleのサイトの仕様には「NVIDIA GeForce 9400M、256MB DDR3 SDRAMメモリ搭載(メインメモリと共有)」と書いてあったが、256MB搭載と書いてあるから、256MBを超えた場合にメインメモリを供給するとも読めると思う。

アルミ筐体の新Macbook” に対して2件のコメントがあります。

  1. keisuken より:

    りんごの初期型は買ってはいけない法則(くうきはひどかったらしい)。
    かなりソフトがだめだめなのはりんごの宿命。

  2. jareth より:

    ソフトハード?
    旧型のチップセットとかの構成のまま、グレードアップして値段据え置きっての期待してたんだけどなあ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です