3Gのガラケーの機種変更の案内 1週間で3,300円安くなって0円に。

親のケータイの1台が3Gのガラケーなので、2022年3月で停止になることから、4Gのガラケーかかんたんケータイに機種変を勧める案内が来ている。

1週間前 郵便での手続き限定で、変更手数料なし、ケータイ本体3,300円(ぽっきり)という案内

3月で一部の料金も変わるし、新プランPovoの詳細がわかってから申し込みすればいいんじゃないかと思い、しばらく待つことに。

そして、今日 auショップでの手続き限定のものが来る。同じ機種で本体0円

つまり1週間前3300円だったものが、今日は0円。
全く同じ機種への機種変更で1週間前に申し込んだ人は3,300円余分に払うことになる。

たった1週間で、こういうのダメだと思うのよね。

いや、待てよ。このキャンペーンで機種変更するのにもショップ独自の頭金を取るのじゃないか。それだと3,300円よりは高いんのか?

一番近いショップへ電話で聞くと、その店では頭金は取ってないのこと。ショップによっては取るところもあるんじゃないですかね。という回答。

郵送での手続きが嫌だと思う人がいると想定し、同じことがショップでも出来るよという案内は親切だ。それなら時間差で案内するのではなく、同時に同じ封書で扱えるようにすれば損した感もなくやれるのにね。
新料金が3月開始で詳細は不明なこの時期にどさくさで小銭稼いでるんじゃないかと下衆の勘繰りもしたくなる。

とにかく、郵便での案内が来てすぐに飛びつくのはやめておこうという話。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

Steamというやつ

次の記事

povo その3