Windows7 64bitでのChromeで開いてないタブが死ぬ件

Windows7 64bitでのChromeで開いてないタブが死んでしまう。つまり1枚だけしか使えない状態になってる。

このWindows7ノートはちょうど1年前に購入し、すぐにChromeを入れて使っていたのに問題はなかったと思うので、ここ半年ぐらいIE9やOperaも使いながら我慢してきた。

Flashについては、Chromeに内包されてる片方を無効にすることで問題はないんだけど、タブが1枚しか開けないんじゃ使い物にならないね。

で、Chrome以外のGoogle関連はGoogle日本語入力だけなので2つとも削除し、Googleのフォルダも削除、タスクマネージャも確認。PCを再起動。そしてChromeも再インストール。

しかも、Googleのサーバにある同期データも削除した上での再インストールだったのに全く改善されない。

1つ分かったのは、このPCの起動が異様に遅かったのはメーカーのDELLのツールのせいではなく、Google日本語入力だったみたい。

ぐう、IEをメインで使う日がくるなんて思いもよらなかったな。

最近のIEについてはただの食わず嫌いではあるものの、AndroidでさらにGoogle漬けになってるというのに困ったな。


追記
このあと、Win7HP-32bitやWin8Pro-64bitでChromeの状況をみてみると、どちらもダブは死なない。
同じノートをWin8Pro-64bitにしたのは正解だったかも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

IS12T WindowsPhone7.8

次の記事

Celeron Dual-Core G1610