WindowsHomeServerV1と2011

WindowsHomeServer導入が2009年6月、D510MOマシンにリプレースしたのが2011年3月。
D510MOマシンはHDDがちょっと危ない。

ということで(以下は、HDD1台での話)

  1. バックアップデータをそのまま生かしたいからWHS-V1のまま、HDDを交換
  2. D510MOマシンのまま、HDDを交換し、WHS2011を新規インストール
  3. 新しいマシンで、WHS2011を新規インストールし、ネットワークでデータ移動。

1は一番出費が少ない、でもバックアップデータをそのまま新しいHDDに移すのは未だにDriveExtenderが良く分からないため結構ややこしい。

2はバックアップデータをコンソールから開いた状態で、別マシンか、外付けHDDにコピーし、共有フォルダも同様にコピーとややこしくはないが作業時間が長い。いくら安くても、バックアップ方法も外付けHDDかNASなどの従来の方法に戻る可能性もあるのであまり良い方法ではないし、クライアントの復元ははやいがOSの入れ替えするなら新規でクリーンインストールという鉄則もあるので微妙

3が一番出費は多いが、旧WHS機をそのまま残した状態でも運用できるわけだから、移行が簡単で危険が少なく、新しいハードで安心?というメリットもある。

ということならあと1年ぐらいWHS-V1のまま通すとして、1で、2のバックアップのバックアップを取った上でやればHDDだけでやりすごし、別の良いバックアップ方法があらわれるのを待つというのがいいのだろうが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です