RoundCube Webmail 0.3.1 FreeBSD8.0R

前回、RoundCube0.2betaを試してみてから、1年ちょっと経過したので、本家へ行ってみると、昨年10月末に、Ver0.3.1がリリースされていたので、また試してみる。
既に同バージョンのportsが存在しているのでFreeBSD8.0Rのportsから導入してみる
#portsからインストールすると、/usr/local/www 以下へインストールされる

MySQLにデータベースを作成し
$roundcube/config/にある。main.inc.php と db.inc.phpの2つを編集するのは覚えてるが
間隔が開いてるので、いつもDBの初期化を忘れてしまって、「SERVICE CURRENTLY NOT AVAILABLE!」といわれます。このメッセージをみると、ああと思い出す。(^^;
ついでだから書いておこう

%mysql -u ユーザ名 -p データベース名 < $roundcube/SQL/mysql.initial.sql
password:(パスワード入力)
%

で、OK
まあもう、日本語版でなくとも、ある程度日本語化されてるので、
今使ってるroundcubemail-ja-20070103をやめて、今回の0.3.1を使うことに

IMAPサーバは、いつものように、ximapdなんだけど
FreeBSDでは、普通にximapdを一般ユーザで起動すると、tcp6 LISTENなことになるのでroundcubeが見つけられなくなる。
つい、IPv6を無効するために、Kernelを再構築したりしていたが、freebsd-updateでstableを追いかけるなら再構築しないにこしたことはないので、ぐぐる。

#sysctl net.inet6.ip6.v6only=0     デフォルトでは「1」

として、ximapdを起動すると、tcp46 LISTENな状態になり、roundcubeが見つけてくれた。

これを自動化するには
/etc/sysctl.conf に net.inet6.ip6.v6only=0
を追記すればいいみたいなので設定した。

でも、8.0RではデフォルトでIPv6は無効なはずなのに、おかしいよな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

Atom D510

次の記事

ヤマトナデシコ七変化