FreeBSD 8.0R-amd64 Gnome2

pure ZFS でインストールしたFreeBSD8.0RのHDDがあるうちにと
Gnome2をportsからインストールしてみる。FreeBSDでXorgってのは2、3年ぶりぐらいかな
#Core 2 Duo E6400 + P5B + RadeonHD3450

しかしまあ、えらい時間がかかるもんだ。途中でとめたりもしたもので10時間ぐらいはかかってる。こんだけ時間かけて動かないんだろうなとか思っていたが、あっさり起動して、解像度の変更も思いのまま。まずは成功。

Firefox3.5をコンパイル中。

次はVirtualBoxをインストールしてみよう。

追記:
手順は、FreeBSD 8.0のインストールとX.Org設定に書いてるportsをインストールしただけ。
参照記事のports名が間違ってる。「japanese/ja-font-ipauigotic」ではなく「japanese/ja-font-ipa-uigothic」
それと、japanese/ja-scim-anthyではなく、IBus Anthy(japanese/ibus-anthy)をインストールしてみた。
ibus anthyは、startxで立ち上げると起動はするが、機能(日本語入力できない)しなかった。
Firefox3.5は普通に使える。

VirtualBoxについては、昨日12月13日時点では、3.0.6がportsにあったが、そのままではコンパイルエラー。でも動作事例はあるので個人的な問題。
3.1をamd64環境でというとまだ難しい模様

ZFSVersion13で、マシンもOSもamd64で、メモリも6GBあるのだが、HDD周りのベンチがpureZFSでも良くならない。
vm.kmem_sizeなどの設定もデフォルトで十分大きなサイズになってるのにな。
gihyoでもとりあげられてる
FreeBSD Phoronixベンチマーク議論,Ezjailの活用方法,AndroidをFreeBSDで実行するFreeBroidプロジェクト

追記2:VirtualBoxのportsは、3.0.5だった。
portsでのコンパイル時のエラーをみると、/usr/lib32がどうのとあるので、sysinstallからlib32を追加すると
コンパイルが通り、インストールが完了したものの。起動せず。
やっぱりUbuntuのみにするか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

無線LAN

次の記事

UQ WiMAX 岡山