Amarokをノートで。

デスクトップに入れたamarokを、今度はノートで丁寧に(mp3再生がらみを先に)インストールした後、接続したiPodのファイルをamarok上でコピーしてやると、ふつーにコレクションに入れてくれた。

音楽CDをつっこんだら勝手にmp3化して、コレクションに入れてくれるといいなと思い、ごそごそしたけど、mp3化の部分は午後のこーだあたりで別途やった方がよさげ。

うちの音楽CDはどれも古いからamazonじゃ画像が無いなあ。

ありゃ、何げにUbuntuナイズされちゃってる(2台もあるし)。DVD、CD、USBメモリ、iPod、カードバスなNIC、何を挿してもふつーに認識してくれるし、もうFreeBSDにXorgを入れる気ゼロになってしまった。

うちのLANのサーバ用途にFreeBSDが残ってる理由は、もうOSの性能ではなくて、何をインストールしたかどうかを把握しやすいという点だけかもしれない。(Linuxはデフォルトで入ってるものが多すぎる)

前の記事

ネットワークスキャナ

次の記事

Googleマップ貼り付け