人狼ゲーム(映画)

ドラゴンクエストXのディレクターがユーザーからいじられるほど人狼好きということで
映画の人狼ゲームを見てみようと思った。
確かに動画配信などを覗くと、人狼を楽しそうにやっており、熱の入れようが仕事のゲームよりも断然高い印象を受ける。
また一部のユーザーに叩かれすぎて壊れたようにも見える。
ゲームのディレクターと言えば、他ゲームではスーパーロボット大戦しかしらないが、そっちはすごく好感をもっている。
違いはなんなんだろうと思う今日この頃。

それはさておき、
1作目と2作目はHuluで見た事があったので続編はと探してみると以下のように7作も

1.『人狼ゲーム』
2.『人狼ゲーム BEAST SIDE』(じんろうゲーム ビースト・サイド)
3.『人狼ゲーム CRAZY LIKE A FOX』(じんろうゲーム クレイジー・ライク・ア・フォックス)
4.『人狼ゲーム PRISON BREAK』(じんろうゲーム プリズン・ブレイク)
5.『人狼ゲーム LOVERS』(じんろうゲーム ラヴァーズ)
6.『人狼ゲーム MAD LAND』(じんろうゲーム マッドランド)
6.5.『人狼ゲーム LOST EDEN』(じんろうゲーム ロスト・エデン) 
    映画ではなくネット配信ドラマ。この続編が7作目のインフェルノ。
7.『人狼ゲーム INFERNO』(じんろうゲーム インフェルノ)

今ならAmazonプライムビデオで別料金なしに全て見られるようだ。
ドラマと7作目についてはまだ見ていない。

これはB級にすら値しない映画だという先入観が強かったおかげで面白く見れました。
1作目は桜庭ななみ、2作目は土屋太鳳が主演だけあっておっさんでもわかったものの、
3作目以降はわからない人たちだらけ。

最近では本来のカードゲームとしての人狼を生配信してたりもするが、知ってる人がいないと至極つまらない。
ゲームに参加するよりもこういう映画や舞台のように脚色付きのものであれば面白いのではなかろうか。

1作すら見ていない時点では、村人、人狼ぐらいしか役職がわからなかったが、6作目まで観ていくと、預言者、占い師、霊媒師、狂人、キューピッド、恋人、狐といろいろ出てくる。

おっさんでもたまにはこういう映画を観てみると良いかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

ガンプラが進化してた話

次の記事

chromebookと5G