goo g07+(ぐーまるななぷらす)再考


登場してから1カ月ぐらい経過

これを使うにはIIJmioのSIMをnanoサイズに変更しないといけないが手数料無料キャンペーンが5月8日から6月5日まで延長された。

・L2ロックフリーなガラケーなんかないんじゃないの?と思っていたが、実際、ショップでSIMを交換した場合でのみ使えてるケースが多い。

・手持ちのL2ロックフリーなIS12MはsimがVer2以降のものでmicroサイズなので問題なく使えると思っていたがやってみないとわからないとしか言えない。
#追記 価格.comや2chの情報によると、グローバルパスポートでCDMAとGSM両対応の機種のSIMはアウトらしい
#となるとIS12Mもアウト。使うならショップでSIM交換が必須の模様

・通話の音量が小さい・聞き取りづらいという話も散見される。

とちょっと否定的になってきているものの、EzWebメールのアドレスを登録解除した。これでいつでも料金プランをカケホ(3G)のみに変更できるし、g07+への移行も可能。
1台持ちよりも2台持ちの方がバッテリーを分散できていいし、実際それで助かった場面もある。外部バッテリーなどを持ち歩く方が不便というのもある。やっぱり2台持ちでいいかという感じだ。
1.URBANO PROGRESSOもしくはiPhone4Sの中古を買って通話のみでZenfone5との2台持ちでしのぐ
 月料金税込 2,379円+975円=3,354円   +別途本体中古5,000円程度
au カケホ(3G) + IIJmioミニマムスタートプラン
もしくは
2.GRATINA4G+zenfone5と2台持ち
 月料金税込 3,303円+975円=4,278円   本体価格込
au カケホ(4G)+ダブル定額Z IIJmioミニマムスタートプラン

g07+の導入の理由の1つとしてLINEの導入もあった。年上にもかかわらず仕事先で初めてLINEを駆使している人に遭遇したのだ。
しかも一度に2つの会社で3名。これから付き合いも増える可能性も十分にある。
SMSのようなチャットのやつは格安SIMでも問題ないだろうがLINEで通話だと格安SIMでは難がある。
通話する時はLINEではなくキャリアの通話でお願いしますって言うことも可能だろうがそんな配慮を期待できる世代ではない。
であればLINEそのものがないと言う方が角が立たない。
やむを得ずLINEを使うことになるならば普通にauでiPhoneあたりを持つ方がいい
#auで買える新し目のAndroid端末は高いだけで魅力に乏しい。

ということで、IS12Mがいつ死んでもいいように、L2ロックフリーなURBANO PROGRESSOもしくはiPhone4Sを1台確保し、
3Gプランの終了かLINEを使うはめになることを待った方がいいようだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

au版 iPhone4Sを確保