NVIDIA Quadro K600

メインで使っているデスクトップには、安物のRadeonHD6450を挿していたが、これを少しましなものと交換しようとMicroserver購入時に同時に買っていた。

交換してみると、Windowsエクスペリエンスインデックスだと、Aero、3Dともに4.7から6.8に上昇
#Windows7 homepremium 32bit

2万円ほどなのでグラフィックボードとしては安い部類に入ると思うので体感できる差ではないように思っていたが、実際、「ををを、速くなった」などと思うことはなかった。エクスペリエンスインデックスでは結構な差なのだが

明らかにOpenGL対応のアプリとなると、うちには3DマイホームデザイナーLS4しかない。このアプリはDirectXかOpenGLかを起動時に選択できるので、OpenGLを選択し、しばらく弄ってみたが、速くなったと思いたい気持ちを差し引くとDirectX時とほとんど変わらないように感じる。

せめてCorei5ぐらいにアップグレードしたいので、その時にそのまま流用しようという目論見でQuadroを買ったわけだけど上がったのはベンチの数値だけか。
ま、Quadroといっても一番安いやつだしなあ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です