劇場版 機動戦士ガンダム00 A wakening of the Trailblazer

昨晩、寝酒ならぬ寝映画でみた。いちおうネタバレありです。

開始は午前0時なので最近は大体見ながら寝てしまうんだけど、しっかり最後まで見て、少し興奮して、しばらく眠れなかった。

消息不明の宇宙船に擬態した宇宙人が現れるというくだりや、最初の対話とやらが成功した時のやつらの変化はどこかで見聞きしたような気がするけど気のせいかな。

モビルスーツでは、映画で初登場のものは全部見せ場があってどれも素晴らしかった。他と比べると雑魚扱いのジンクス4もかなりの動きを見せてくれたし、戦闘シーンではラファエルガンダムの登場シーンと、グラハムのブレイブが秀逸で格好良すぎる。
ガンダムサバーニャの乱れ撃ち。
ガンダムハルートはアレルヤ、ハレルヤ、ピーリスの三位一体攻撃。テレビシリーズ時と違って、ハレルヤが出てほしいタイミングでしっかり出てきてうれしい。
ダブルオークアンタは今回戦闘では活躍しなかったのでちょっと寂しかったけど、太陽炉が左右対称に設置されてないのがいいね。

ガンダムがいる世界でこういうパターンのものをもっと見たいけど、これでやってしまったので外伝の小説とかではあっても、本筋ではもう無いんだろうな。

しっかり完結すると気持ちいい。
主要キャラほぼ死滅→何事もなかったかのように生き返って続編→著作権争い→完結編つくる→でも復活 のどこかのアニメとは偉い違いだ(まあ時代が違うけど)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です