P-01Dの白ロム買ってしまう

初白ロム買ってしまう。いちおう未使用品として売られてた。パナソニックのP-01Dで色はホワイト。

おそらくAndroid2.3以上の白ロムではEVOやEVO3Dをも下回ってると思う。
auだとIS05みたいにもともと価格も低めだったためにここまで落ちたんだろうけど、不具合も多く、EVOとは違う流れで安くなった面白い端末だと思う。

さっそく、最初のシャットダウンから電源ボタン押しても起動しないという初体験を。

電池を一旦抜いて、起動できたものの、焦ったために、ちまよってソフトウエアアップデートを初めてしまった。アップデートかけるとEVOみたいに1つづつアップデートされるんじゃなくて、一気に最新まで行ってしまう。うそーん。
#最新にしてしまうとroot化の難易度が一気にあがってしまう。(先人のおかげでなんとかなりそうではあるが)

3Gもなければ、通話もない、おまけにフライトモードでWiFiも切ってるのにバッテリーの減りが早い。いま84%だけど、明日の朝まで持ちそうにないな。これじゃあデフォルトのままで、3G通信でもしようものなら、2、3時間しか持たないんじゃなかろうか。
追加アプリに使えるROMもEVO並に少ないので、root化しても、アプリの凍結どころか削除しないと効果ないかも。
ドコモはプリインストールのアプリ多いな。EVO3DみたくGREEだけでなくモバゲーまでアイコンがあるしぃ。

大きさとデザインは素晴らしいと思うし、今日のところはレスポンスがEVO3D並にいい。この前触った知人のSH-01Dよりも速いと感じた。
IS01同様、とても惜しい端末だと思う。

いずれにせよ、root化必須は確定したのでこの土日はP-01Dで埋まるかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です