iPadに勝つタブレット?

先月の記事なのでちょっと古いが
「iPadに勝つタブレット」を作る方法 | WIRED VISION

タブレット機は新しいものではない。スタイラスでコントロールするタッチスクリーンが付いたWindowsのノートブックPCは数年前からあるが、非常に小さいニッチ市場だった。一方、これらのデバイスの持つ多彩な機能を欠くiPadは、発売後1カ月で、これまでタブレット機が売れたトータルよりも多い台数を売り上げた。

Windowsでタッチスクリーン搭載のものは確かにあったけど、iPadほど軽快に動くものがあったかと言われれば無いと思うし、最初から指で直接触られる前提で、指で操作するのがデフォルトなものなど無かったと思う。しかもiPhoneでの予行演習まで付ついてる。iPadは新しいものだといっていいと思う。
大げさだけど、iPadでソフトウエアキーボードを操作する姿は子供のころ、思い描いた未来そのものだった。

PCがすぐに消えてしまうわけではないが、ノートブックPCがデスクトップPCを凌駕したように、タブレットは、多くの人々にとってメインのコンピューティング・ツールになるだろう。

どうなんだろう。iPadのような外見のタブレットでなく、例えばスクリーンが中に浮いてるタブレットそのものも映像化されてるようなタブレットに代わるものが現れていると思うというか、そうあってほしいな。
でもその頃には、おじいさんになってるか、いや死んでるか(笑。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

Thunderbird3 メール整理