SS56GV3のケースにATOMマザーは収まるのか

ShuttleのベアボーンSS56GV3につけてる電源(PC50)には、SATAコネクタが2つ付いてるし300Wもあるので、Atomマザーが載るとうれしいかもということでわかる範囲で調べてみた。

D945GCLF2をつけたいという方向で

  • マザーを固定するネジの位置は全く違うので固定する方法を工夫しないといけないが、入るのは入る。マザーの基板とケース内の隙間が3.8cmあるので、高さもクリア
  • ケースの背面パネルで、D945GCLF2のS端子とサウンドが隠れて使えなくなる
  • ケースフロントのUSB、サウンドの端子は改造しないと接続不能、電源スイッチ、リセットスイッチ、HDDのLED等のピンはひとまとめになってるものの、そのままいけるようが気がするが、マザー側に届かない。これは延長ケーブルなんて売ってないよな。ケース付属のスイッチ類は全部死ぬことになるけど、別のケースから移植して3.5インチベイから見せるぐらいことならできるか
    追記:ピンの並びはD945GCLF2といっしょな上にコネクタ簡単脱着ケーブルで延長ケーブルに代替えできるみたいなのでこれもクリアみたい
  • 電源は20ピンとATX12V 4ピン 4ピンの方のケーブルはどうあがいても届かないが、延長ケーブルは普通に売ってるようなので電源OK

ちょっといけそうなのが逆に嫌だな(笑。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

Debian5.0-amd64 flv2mpeg4メモ

次の記事

IME2007の郵便番号辞書を更新