Ubuntu Intrepid Ibex(8.10 Alpha)

動かしてるUbuntuサーバで、intrepidへ逝ってみるテストを開始した つづく。あと30分ぐらいは止められるが(笑。

追記1:
apt-get dist-upgradeが無事成功し
「Ubuntu Intrepid (development branch)」となった。
PHP系のCMS類や、sambaに特に異常がないのでサーバとしての機能は生きてる。
メールサーバとかいないから楽だな。

目的はXorg7.4だからこれからが本番。
X関係は前回RadeonHD3450を試した時に根こそぎアンインストールしたので
で、Xorg7.4を入れてみるのにUbuntu-desktopを入れてみようとすると
ダウンロードが438MB、1時間ぐらいかかるかな。

追記2:
server版にubuntu-desktopをapt-get installすると、NICの設定やら、SSHの設定やらをデフォルトに戻してくれるのは間違ってるよな。
#dist-upgrade時には、ユーザーがいじった設定ファイルの扱いをちゃんと聞いてくれるのに
まあ問題はそれぐらいで、ネットワークの再設定して無事終了した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

「X.Org X11 7.4」が公開

次の記事

USB-LANデバイスサーバ