ガッチャマン実写化

「ガッチャマン」初の実写映画化 – シネマニュース : nikkansports.com

72年に放送された人気アニメ「科学忍者隊ガッチャマン」が初めて実写映画化されることが11日、分かった。13年夏に公開される。映画の主人公大鷲の健は、松坂桃李(23)が演じる。ほかコンドルのジョーを綾野剛(30)、白鳥(しらとり)のジュンを剛力彩芽(20)、燕(つばくろ)の甚平を浜田龍臣(12)、みみずくの竜を鈴木亮平(29)が演じる。いずれも次代を背負うスターへの成長を期待される新鮮な俳優陣がそろった。実写映画「カイジ」シリーズの佐藤東弥監督がメガホンをとる。

ほんとにやることになったようで、キャストも本気。
綾野剛がコンドルのジョーとか素晴らしいね。<そこかよ。
松坂桃李がシンケンレッドのイメージをきれいさっぱり捨ててくれてるといいのだが。そのあたりが少し不安。
監督がTVドラマの人だから、仮面ライダーや戦隊シリーズのドラマ部分の独特のクサいノリはないやね。
#仮面ライダーや戦隊シリーズ自体はあのままでよく、ただ今作に持ち込んで欲しくないという意味。

来年の夏か。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です