機動戦士ガンダムAGE 29話

3世代の2世代目が29話で終わりらしい。つまんないアニメだ。

と前回15話の時の日記と同じ出だしにしてみた。

3世代目のスタートが、100年まであと36年の劇中 A.G. 164年。主人公キオ・アスノ13歳。

13歳から14歳ぐらいを15話程度、残り数話で100年目までへの調整をやるってことなのか。

この先を少しでもガンダムっぽくするにはどうすればいいかとかガンオタのおっさんは考えてみた(笑。

29話にて地球側の穏健派が投獄されちゃったんだけど、その意思を継ぐものがいて
ヴェイガン内部の穏健派と密かに通じて、和平への道をさぐり、キオ・アスノの頃にはヴェイガン、連邦軍の有志とからなる1つの勢力として登場。
連邦軍内に、ヴェイガン殲滅を目的としたフリットの私兵集団が誕生、連邦軍もその傘下におく。
キオ・アスノがフリットをMS戦で破り、「俺が間違っていた」とか言って死んでいく
というZガンダムのパクリでしかない茶番劇で終わるというはどうだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です