複合機(TASKalfa205c)リース9カ月経過

インクジェットの複合機にしようと思っていたのが、結局新品レーザーでまたリースを組んだ複合機が9カ月経過した。

前回のリースが、本体14,700円/月、カウンタが3,000~4,000円/月(トナー代、用紙代無料)で、約18,000円
今回のリースが、本体8,400円/月で、トナー、用紙は別途。

トナーは購入時のサービス品(半分ぐらいしか入ってないらしい)が全部切れ、不具合の改修(無料)のサービスで、通常の純正品のトナーが1セットが無料。追加で1セット購入

用紙代(印字したのがA3-464枚、A4-2390枚で)
A4-500枚250円、A3-500枚500円
232円+2390円=2622円
トナー代、1セット27,300円(純正品としては半値ぐらいで安い方?)

とすると、1カ月あたり3323円で、本体込だと11,725円/月か。月6000円は下がったことになるのか。
数字だけみると節約できたことにはなるけど、前のリースは高すぎたし、カラートナー1セットでの標準とされる印字可能枚数1500枚には達していないし、満足というわけにはいかない。
まあシートフィーダ付きスキャナーが割と活躍してるのでこれぐらいで勘弁してやるレベルかな。

リース切れたら、今度こそインクジェットにしよ。

新しいリースを組まないと、本体の返却費用(4、5万円)を負担しなきゃいけないって嫌なシステムだな。
#リース終了時の撤去費用もリースに入れて、その分値切ろうとしたけどダメだった(^^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

ETCすり抜け

次の記事

docomo 定額データプラン128K