LibreOffice windows版

普段、あまり縁のないPowerPointのpptファイルを印刷するのに
#参照できたらいいだけの場合がほとんどなので、PowerPoint互換のソフトをインストールする必要もないし、UbuntuのOpenOfficeで見ることは可能だった。
LibreOfficeをWindowsVistaHP(32bit)にインストールしてみた。

Office2007-presonalしか持ってないから、OpenOffice(今のところほぼLibreOfficeと同じもの)か、KingSoftのやつかと思って、名前だけだけど、目新しい方を選んでみた。

もとの原稿の作成の仕方にもよるんだろうけど、LibreOfficeが原稿と用紙の左肩を合わせてで印刷しようとするため、マージンぎりぎりの原稿内の上の境界線が消えてしまう。
また、センター寄せでの印刷オプションがないので(見つからないだけかも)、結果的に印刷物の右側に余白が出来てしまい、右肩にホッチキスというブサイクなものになる。

で、無事印刷し、再度LibreOfficeを起動して、同じpptを開こうとすると、お固まりになる。(3分~5分放置すると復帰)
こういう細々としたトラブルが多いので比較的動作の軽いWordやExcelについても、OpenOffice等をメインにせず、Office2007を買ったわけだけども。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です