Sandyな新型MacBookProの噂話

新型MacBook Proではトラックパッド大型化、SSD+HDD構成の可能性 – 米報道 | パソコン | マイコミジャーナルによると

2つ目は、新製品ではOSが8~16GBのSSDに置かれ、その他のデータはこれまでどおりにHDDを利用するということ。

ということらしい。
そんなことは、デスクトップでできればよいことだと思うのだが、

VAIO(Zだったか)のSSD搭載機の例もあるので、SSD、HDDのそれぞれが、市販の2.5インチの形状で2つ搭載可能ってのは考えにくい。となると、SSD部は組み込みで、ユーザ側で交換することはできなくなってSSDの死亡=MacBookProの死亡、ということでMacとしての引退後も、自分でHDDを換装して、LinuxやWinでさらに何年か使い倒してやるぅという貧乏人には困った話になるのかな。

うちのノートのP-ATAのSSDが少しダダをこねたけども丸2年普通に動いてるし、今のSATAのSSDなら、運がほんの少しよければ、普通に4、5年SSDがもつので気にすることはないのかもしれない。

2.5インチHDDのサイズで、2つ搭載できる、もしくはHDDのみのパターンでも買える状態であって欲しいな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

ワンピースが1ヶ月遅れの件

次の記事

ミッシング3