レッドクリフ

地上波の録画でPartI、PartIIを見る。

まずはキャストがすごい。こんなにぴったりなルックスの人ばかり出てくる映画も珍しいと思う。
関羽のイメージって、中国人と日本人とではあまり違いはないんだなあと思った。出てきた時に、関羽キターー、かっけーとうれしくなる。
金城武の孔明って中国人にはどう見えるんだろうな。今度中国の人にあったら聞いてみたい。
劉備は、これまでみたアニメやマンガだと、若々しいイメージがあるんだけど、年齢的には、この映画の方が正しいというか、私のイメージが間違ってるわな。
もちろん、張飛や趙雲もぴったりだと思った。

とてもおもしろかったんだけど、ひとつ気になるというか気に入らないことがある。

小喬って、曹操のところに行く必要あったのかな。この映画オリジナルのエピソードだとは思うが、なくても良かったような。監督が曹操に恨みでもあるんじゃないかってほど、姑息な男にされてたのがどうも。周喩をメインに持ってくるための仕掛けのようで、ここだけ、わざとらしかった気がする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です