Ubuntu7.04-serverでRast-0.3.1

Debianだと、有志のパッケージがあった。Ubuntuにsid用ならの使えるかなとやってみたがNG。えー、びるどはやだあ。

でもメイン機のColinuxの方が多少は速いだろうとやってみる。今回はrastを入れるならximapdもということでicu、あとはprefixだけ指定しよう(FreeBSDほど文句は言わないだろうし)。Ubuntuでビルドはしていないので、次のパッケージを予めいれておく。

  • g++
  • libicu36-dev
  • libmagic-dev
  • libapr1-dev
  • libaprutil1-dev
  • bsfilter
  • nkf
% ./configure --prefix=/usr/local --with-icu-config=/usr/bin/icu-config

configureが通ったのでこれで無問題かと思ったら、次のmakeで、Just Do Liveさんと全く同じエラーがでてたので、同じように/usr/include/apr-1.0/apr.hを以下のように変更

typedef  __off64_t           apr_off_t;

これでmake installまでOKだった。

追記:動作確認に、ximapd roundcubemailも入れてみる。
ximapdのメールを自前のWebメールで読むなら日本語もほぼ問題なく表示できてるしroundcubeがいい。
colinux上のUbuntu7.04-serverではあるものの、core2duoのせいか、mboxのimportも、画面の遷移も一番動作が軽い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

物欲

次の記事

Proliant ML 115 注文