pfSense LetsnoteS51VX

ちょっと手があいたので、pfSenseをいきなり使ってみる

外付けのCD-ROMドライブの電源アダプタをなくしていたのは内緒だった。で、前回FreeBSD6.2Rをルーターにした時は、ばらしてHDDを取り出したのでなんでもできる状態だったが、取り出さずにしようと思い、MD-DOSでネットワーク接続、MS-DOSでUSBメモリを読む、などをしてみたが、FDから起動できなったりとorz。ただ、手持ちのUSBメモリがMS-DOSで読み書きできたという収穫が(今後役にたつのか?(^^;;

ここで、粘ってもしょうがないので、結局バラして、FreeBSD鯖にHDをつないで、直接pfSenseのCDからインストール。念のため、booteasy(と今は呼ばないのか)を入れておく。

HDを戻して、無事起動。今は、pfSenseでつながってる。ということで、mpdさんとは別れてしまった。

追記:user-pppだと思い込んでいたら、mpdが動いていた(^^;;

前の記事

うんどう

次の記事

pfSense LetsnoteS51VX その2