Squirrelmail+ximapd その5

メインマシンに残っている約10,000件をインポート、問題ないよう。ThunderbirdのJunkなmboxを1つ混ぜてしまったようで、SPAMが800件ほど入ったままだ。#メールフィルタがあるからmboxファイルだけで50はある。

Squirrelmail-1.5.1(CVS版)でも、まだ日本語関連が弱くて完璧じゃないけど、これで、Thunderbird内のメールのバックアップを閲覧するには問題ないレベル。Thunderbirdのプロファイルのバックアップと、ximapdが保持するバックアップと2つあればいいよね。

メールの日付の日本語表示が、「12月月8日」(これはsquirrelmail側の話)などとなってるのはご愛嬌ということで放置

2006-2-15追記:squirrelmail-1.4.*で、日本語化パッチがある場合は、gettextを追加インストールし、compolepo ja_JPすればOK。1.5以降だと、gettextを入れておこうが、mod_phpで動作させようが月月となった。

メールがたくさんあると、queriesフォルダがありがたい。もうcourier-imapなんて使えない。プライベートなメールはGmailでも送受信可能にしておいて、仕事のメールはこっちを使って、ローカルに保存ということでこのネタはおしまい。

前の記事

bigpresen.rb