CMS RSS Grabber

CMS Portal System allowing custom designs and CMS Templates customization

CMS RSS Grabberというのを、moongift経由で知る。要はRSSファイルに記載された記事を、設定したCMSに投稿してくれるツールらしい。

昨晩、CMSをWordPressに設定し、インストールしてみたのだが、使い方がよくわからなかった。あらためてやると概要がわかってきた。

RSSを取得し、CMSのデータベースにあわせてSQLのINSERT INTO文を生成(構文は自分で設定する必要がある)、CMSのデータベースに直接書き込むということをするみたい。

まあ、MySQLを使うメジャーなブログツールやCMSツール同士でやる場合には問題なさそう。EtomiteだろうとModxだろうとデータベースの構造さえわかっていれば条件は同じかと。

試しに、tDiaryのindex.rdfを読ませて、WordPressMEに投稿してみるとうまくいった。tDiaryのRSSを自分で、WordPressの吐くRSSにあわせて書き換えれば、結構使えるかも。

ただ、tDiaryのRSSファイルからとった記事は、WordPress上では1つのカテゴリーに属すことになるように見える(よくわかってないだけかもしれないが)のがちょっと。

設定が直感的にわからなかったのは、「CMS setting」の「Category Read SQL」と「Insert Content SQL」のところで、Category Readには、エクスポート先のCMSのカテゴリ一覧を取得するSQL文を書く。CMS RSS grabberのdemositeにあるWordPressの例

select title, id, section from [$pre$]categories;

Insert Contentの方は、RSSから取得した情報をエスクポート先のCMSのデータベースにデータを挿入するSQLを書く。同じくWordPressの例

insert into [$pre$]content (title, introtext, `fulltext`, state, sectionid,
 catid, created, created_by, publish_up, urls, version, ordering)
 Values ('[$title$]', '[$body$]', '[$body$]', '1', '[$catid2$]', '[$catid1$]',
 '[$now$]', '62', '0000-00-00 00:00:00', '[$url$]', '1', '1');

Insert Contentの設定欄に書いたSQL文は、エクスポート時に実行されるだろうから、結構細かいコントロールも可能だと思う。

カテゴリーを無視すれば、tDiaryのtd2を、MovableTypeのデータにコンバートし、WordPressに放りこむようなことをしないで済むけど。。。。まあしばらく置いておこう。

前の記事

COSMOSNET2000

次の記事

makerss.rb 更新