DESIGNING WITH WEB STANDARDS


しばらく前に間違えて買ってしまったんだが(^^;、このままホコリをかぶるには少々高いので、2、3日前から読んでる。ぎゃーこくじんが書いてあるだけあって、翻訳が不味いのか、表現のぎこちない。

Web標準の勉強をするというより育った国の文化の違いを感じるところがあってだんだん面白くなってきたので通しで読もうと1/3ほど読み進む。好きなタレントのエッセイを読んでる感じに近い。

まあ今のところ、この本からの影響は、XHTMLで書くなら、StrictでなくTransitionalにしようと思ったぐらいしかない。

前の記事

PukiWiki入門

次の記事

Poderosa 4.0ベータ2