Suirrelmail+ximapd

coLinux-0.6.2上のDebian/sargeにて、再度チャレンジするとメールが読めるようになった。

メールは、Thunderbird1.5のmboxファイルをそのままインポートしただけで、SMTPには、exim4(ローカル配信のみ)を使用。バックアップしたメールだけ見れるだけのもの。

portを10143から9143に変えると、ログインできるようになって、SquirrelmailのDelimiterというパラメータを、[/]に変えると画像のようにメールも表示され、文字化けもない。ただ、遅い。

squirrelmail-configure の設定

Server Settings
General
-------
1.  Domain                 : localhost
2.  Invert Time            : false
3.  Sendmail or SMTP       : SMTP
IMAP Settings
--------------
4.  IMAP Server            : localhost
5.  IMAP Port              : 9143
6.  Authentication type    : cram-md5
7.  Secure IMAP (TLS)      : false
8.  Server software        : other
9.  Delimiter              : /
B.  Update SMTP Settings   : localhost:25
H.  Hide IMAP Server Settings
R   Return to Main Menu
C   Turn color on
S   Save data
Q   Quit

squirrelmail

前の記事

Webmail Dolda

次の記事

ping.rb更新