鋼の錬金術師


いわくつきのガンダムシリーズの後番組としてアニメがスタートしたこの作品。

「はがねのれんきんじゅつしぃ?、なんじゃそれ。」が第一印象。

ガンダムSEEDという前の番組もチェックしてたが、随所に「おぃおぃおぃおぃおぃ」というところが目立ち、

おまけに絵も安定していないし、いやーな感じだったが、

この鋼。。は、この点安心して観れ、ほっとした感じがあった。

私のように1980年前後がアニメ観放題という年代も受け入れやすい内容で、ストーリーも好みな感じで、とてもおもしろい。

で、最近、原作のマンガを8巻通しで読んでみた。続きがきになる。。

マンガといえば、この鋼。。とほぼ同じ理由から「ワンピース」、あと懐かしさから「蒼天の拳」と3作のコミックを買いつづけてる。

アニメの「ワンピース」は映画版も含め、主要キャラの人格が違うんじゃないの?とアニメを観なくなったが、原作はこれからも買いつづけようと思う

次の記事

キリンガラナ