十三人の刺客

全体的に見せ場があるようでないような地味な感じに終始した感じもするんだけど、もともとスーパーマン13人が大活躍といった映画ではないので、刺客のキャラをあまり立てない感じはとても良かったように思う。

斬り合いってのは地味なものでかっこいいものじゃない。という感じで通すのかなとか思ったけど、ところどころ、派手さを抑えた見せ場はあってうれしい。こんなにオーラを抑えた時代劇の松方弘樹を見たことがないので、時代劇好きのおっさんたちは一度見てほしい。

見事、明石藩主の首をとった後のラストが、えー、それはちょっとぉと思うんだけど、ふふ、まあいいかと許せる感じがするのが、おもしろかった。

斬り合いはちょっと長いけども、間延びした感じはしないので、そんなに見ていて疲れないかと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です